スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) edit
 
2004.5.30 谷中
20050127160641.jpg
『谷中カフェ』で行われた着道楽セールへ。

その後ブラブラと谷中散策。
下町の雰囲気ダイスキ。
キモノ姿も似合います。
観音寺築地塀(下画像)はまさに江戸時代にタイムスリップ気分が味わえるところ。
谷中霊園にはボランティアで著名人のお墓を案内してくれる方がいました。
徳川慶喜・渋沢栄一・鳩山一郎・横山大観・長谷川一夫などなど。
お墓を案内されるって不思議な感覚。
20050104101644.jpg
5月にもかかわらずまるで真夏のような一日。
フライングして単のお着物です。
ピンクベージュに孔雀の羽柄の銘仙。
帯留めはハート。
帯は自作の作り帯。
襦袢は肌襦袢に襟が付いたもの。
綿レースの半襟と綿レースの袖を縫いつけました。
その下はクレープ綿ステテコ&裾よけをつけただけ。
ステテコが汗を吸い足の間のべたべたを防いでくれます。
家を出た時はあまりの快適さに感激!
が、日中何時間も歩いていたらその快適さはどこへやら・・・。
気温:29.9/21.4
スポンサーサイト
2004/05/30(日) edit
 
2004.5.21 友達の家へ
20050127160442.jpg
コーディネートは一緒に行った友達にも好評。
徐々に洗脳していくのだ!

絞り風のポリキモノ。
表面がデコボコしていてまるでしぼがあるよう。
さすがにこの時期ポリは暑い。
襟あわせをいつもよりゆるめに。
襟が詰まりやすかったのでコーリンベルトを長くしてみました。
襟もとは永遠の課題です。
気温:24.6/14.1
20050104101926.jpg
2004/05/21(金) edit
 
2004.5.15 和裁教室
20050127160319.jpg
はじめて着物で和裁教室へ。

オレンジ・緑など色々な色の格子キモノ。
この着物ウールだと思ってたら紬みたいです(和裁の先生より)。
胴裏と八掛が付いてるから変だな?とは思ってたんですが。
帯はフニャフニャしてたので生成色のハンプを買ってきて帯芯として入れました。
が、表生地とのつりあいが悪くなり締めた時に横から見るとうねうね。
縫いつける時に帯芯のほうを表生地より長くすると良いとのこと。
う~ん知りませんでした。
一つ勉強になりました。
気温:24/15.5
20050104102121.jpg
2004/05/15(土) edit
 
2004.5.7 ロード・オブ・ザ・リング~王の帰還
20050127160144.jpg
白黒の細かい織りに所々薄い赤色の点模様入りのキモノ。
帯は自作のコットン作り帯。
一緒に行ったダンナ様がスーツだったので隣で歩いてても違和感のないコーディネートを考えてみました。

この日の最高気温予報は24度。
なるべく見た目は暑苦しくないようにしたものの着物は袷。
やはり暑かった・・・。
脱いだら帯まわりが湿ってました。
5月でも暑い日は単でいいかもしれません。
気温:24/13.8
20050104102312.jpg
2004/05/07(金) edit
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。